自然蜂産品会
「プロポリス」と「ビーポーレン」健康ノート

ビーポーレン超高圧抽出法について

HOME > ビーポーレン超高圧抽出法について

ビーポーレン超高圧抽出法

2000気圧の超高圧と浸透圧で花粉殻を破裂させ、中身を取り出す抽出技術

「ビーポーレン超高圧抽出」の特徴

硬い花粉粒の殻を割って中の栄養がとれる

1
高栄養
花粉の中身を
そのままとれる

2
全成分抽出
有用成分が多い

3
非加熱
栄養が損なわれない

ビーポーレンの栄養豊富な花粉の栄養成分がとれないという課題を克服したのが、近年開発された超高圧抽出法です。超高圧抽出法では、超高圧で花粉の外膜に傷をつけ、その後植物の浸透圧作用によって、花粉に水を吸い込ませ固い殻を破裂させ中身を放出させます。花粉の豊富な栄養成分を変質させることなく、自然のままに抽出できます。

超高圧抽出製法の工程について見る >

超高圧抽出ビーポーレンの製品特徴

100%の粉末化が難しかった
油脂分の多い食物のパウダー抽出を可能に

従来の抽出法では、油脂分が多い食物の栄養素の抽出は困難でした。油脂分はアルコールにも水にも溶けづらいためです。超高圧抽出法では独自製法により油脂分の高い食物の成分のパウダー化に成功。食品栄養の可能性を広げました。

加熱しないで圧力で殺菌するので保存料不要、
栄養素が損なわれない

花粉の成分には、熱に弱い「ビタミンC、ビタミンB群、酵素」などがあり、加熱すればその栄養素が失われます。超高圧抽出法は非加熱なので栄養素を損ないません。また、超高圧抽出法自体が殺菌もできるので保存料も不要です。

「超微細化」で栄養素の
体内への吸収力アップ

超高圧抽出法では、得られた成分を微細なパウダーにしています。超微細化することで、体内への栄養素の吸収力が高まり、より健康効果を得られます。